{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}
FAQを参照する

STW6000 / 使用できる HTML5 タグを教えてください。



STW6000 / STW6 で使用できるHTML5タグ一覧は、以下のとおりです。
タグ内容対応備考
<!--...-->コメントを定義する
<!DOCTYPE> ドキュメントタイプを定義する
<a>ハイパーリンクを定義する
<abbr>略字や頭字を定義するマウス使用時のみ
<acronym>HTML5では対応していない. 代わりに <abbr>を使用してください。
頭字を定義する
マウス使用時のみ
<address>ドキュメントの作成者・所有者の連絡情報を定義する
<applet>HTML5では対応していない。代わりに <embed> または <object> を使用してください。
エムベディットアプレットを定義する
アプレットは無効、他の内容は正しく表示
<area>イメージマップ内エリアを定義する
<article>アーティクルを定義する
<aside>ページ内容とは別に内容を定義する
<audio>音声内容を定義するHTMLにオーディオタグがある場合画面が白くなる。タイトルバーはこの場合コントロールできる。HTMLソースを確認してください。
(オーディオビデオワークシート)
<b>太字テキストを定義する
<base>ドキュメントの全ての関連URLのベースURL・対象を設定する
<basefont>HTML5では対応していない。代わりに CSS を使用してください。
ドキュメントの全てのテキストに対しデフォルトカラー、サイズ、フォントを設定する
<bdi>外部のほかのテキストから、異なる方向でフォーマットされてるかもしれない一部のテキストを分離する適切なフォントはインストールされていない。英語と日本語に対応
<bdo>現在のテキスト方向をオーバーライドする
<big>HTML5では対応していない。代わりに CSSを使用してください。
大きなテキスト定義する
<blockquote>別のソースから引用したセクションを定義する
<body>ドキュメントの本体を定義する
<br>一つの改行を定義する
<button>クリック可能なボタンを定義する
<canvas>graphics描写, on the fly, via scripting (通常 JavaScript)に使用
<caption>テーブルキャプションを定義する
<center>HTML5では対応していない。代わりに CSSを使用してください。
中央揃えたテキストを定義する
<cite>ワークのタイトルを定義する
<code>1つのコンピューターコードを定義する
<col><colgroup>要素内の各コラムにコラムプロパティを設定する
<colgroup>フォーマッティングでテーブルに1以上のコラムのグループを設定する
<data>与えられた内容をマシンが読める翻訳とリンクする
<datalist>入力コントロールで事前定義されたオプションのリストを設定する
<dd>詳細リストで用語の説明や値を定義する
<del>ドキュメントから削除されたテキストを定義する
<details>ユーザーが表示・非表示できる追加の詳細を定義する
<dfn>用語の定義している例を表す
<dialog>ダイヤログボックスやウインドウを定義する
<dir>HTML5では対応していない。代わりに <ul> を使用してください。
ディレクトリリストを定義する
<div>ドキュメントでセクションを定義する
<dl>詳細リストを定義する
<dt>詳細リストの用語・名前を定義する
<em>強調テキストを定義する
<embed>外部の(non-HTML)アプリケーションの容器を定義する
<fieldset>関連する要素をフォームでグループ化する
<figcaption><figure>要素のキャプションを定義する
<figure>内臓型内容を設定する
<font>HTML5では対応していない。代わりに CSS を使用してください。
テキストのフォント、カラー、サイズを定義する
<footer>ドキュメントやセクションのフッターを定義する
<form>ユーザー入力HTML フォームを定義する
<frame>HTML5では対応していない。
フレームセットでウインドウ(フレーム)を定義する
<frameset>HTML5では対応していない。
フレームのセットを定義する
<h1> to <h6>HTML見出しを定義する
<head>ドキュメントの情報を定義する
<header>ドキュメントやセクションのヘッダーを定義する
<hr>内容のテーマに関する変更を定義する
<html>HTMLドキュメントのルートを定義する
<i>代替の声やムードで一部のテキストを定義する
<iframe>インラインフレームを定義する
<img>イメージを定義する
<input>入力コントロールを定義する
<ins>ドキュメントに挿入されたテキストを定義する
<kbd>キーボード入力を定義する
<label><input>要素のラベルを定義する
<legend><fieldset>要素のキャプションを定義する
<li>リスト項目を定義する
<link>ドキュメントと外部リソース(スタイルシートにリンクするために使用される)の関係を定義する
<main>ドキュメントの主な内容を設定する
<map>クライアントサイドのイメージマップを定義する
<mark>マークした、または、ハイライトしたテキストを定義する
<meta>HTMLドキュメントについてのメタデータを定義する
<meter>知られた範囲(ゲージ)内スカラー測定を定義する
<nav>ナビゲーションリンクを定義する
<noframes>HTML5では対応していない。.
フレームに対応していないユーザーに代替の内容を定義する
<noscript>クライアントサイドのスクリプトに対応していないユーザーに代替の内容を定義する
<object>エムベディットオブジェクトを定義する
<ol>番号リストを定義する
<optgroup>ドロップダウンリストの関連するオプションのグループを定義する
<option>ドロップダウンリストのオプションを定義する
<output>計算の結果を定義する
<p>パラグラフを定義する
<param>オブジェクトのパラメーターを定義する
<picture>複数のイメージリソース用容器を定義する
<pre>事前にフォーマットされたテキストを定義する
<progress>タスクの進捗を表す
<q>短い引用を定義する
<rp>ルビ注記に対応していないブラウザーで何を表示するかを定義する
<rt>文字の説明や発音を定義する(東アジア タイポグラフィー用)
<ruby>ルビ注記を定義する(東アジア タイポグラフィー用)
<s>もはや正しくないテキストを定義する
<samp>コンピュータープログラムからのサンプル出力を定義する
<script>クライアントサイドのスクリプトを定義する
<section>ドキュメントのセクションを定義する
<select>ドロップダウンリストを定義する
<small>より小さいテキストを定義する
<source>メディア要素 (<video> と <audio>)に複数のメディアリソースを定義する
<span>ドキュメントのセクションを定義する
<strike>X in HTML5では対応していない。代わりに <del>または <s> を使用してください。
取り消し線テキストを定義する
<strong>重要なテキストを定義する
<style>ドキュメントでスタイル情報を定義する
<sub>添え字付きテキストを定義する
<summary><details>要素に見える見出しを定義する
<sup>上付きテキストを定義する
<svg>SVGグラフィクス用容器を定義する
<table>テーブルを定義する
<tbody>テーブルの本文内容をグループ化する
<td>テーブルのセルを定義する
<template>テンプレートを定義する
<textarea>複数の入力コントロール(テキストエリア)を定義する
<tfoot>テーブルのフッター内容をグループ化する
<th>テーブルのヘッダーセルを定義する
<thead>テーブルのヘッダー内容をグループ化する
<time>日付と時間を定義する
<title>ドキュメントにタイトルを定義する
<tr>テーブルの列を定義する
<track>メディア要素 (<video> と <audio>)にテキストトラックを定義する
<tt>HTML5では対応してない。代わりに CSSを使用してください。
テレタイプテキストを定義する
<u>ノーマルテキストから文体上異なるテキストを定義する
<ul>番号無しリストを定義する
<var>変数を定義する
<video>ビデオやムービーを定義するHTMLにオーディオタグがある場合画面が白くなる。タイトルバーはこの場合コントロールできる。HTMLソースを確認してください。
(オーディオビデオワークシート)
<wbr>可能な改行を定義する

このFAQはお役に立ちましたか?